上半期振り返り全社会議

2017-10-12
NEW
今年度初めからの目標の上半期振り返りとして全社会議を行いました。
くすのき薬局で成果のあったイベントの報告、酵素商品勉強会、接客ロープレ、企画書作成の思考方法やツール活用、5月から入社した社員紹介などがプログラムでした。 半期が過ぎましたが全社的に定量目標が達成されており、日ごろの皆様の成果が見えた報告会でした。運営、プログラム参加に携わった皆様も大変お疲れ様でした。

日本薬剤師会学術大会での発表

2017-10-10
NEW
10月8-9日「第50回日本薬剤師会学術大会」が東京国際フォーラム、JPタワーで開催されました。 当社の新人2年目薬剤師の二人が研究成果等を発表しました。
 
○発表内容1:徳島文理大学薬学部 医療薬学研究室 との共同研究で「サプリメントの利用に関する実態調査を基にした地域健康の把握に関する研究」(P-8-360)です。 近年はセルフメディケーションとしてサプリメントの利用者が増加しておりますが、医薬品との併用で相互作用を起こすものも多く含まれております。 本研究では、医薬品適正使用の推進および薬物療法への貢献を目的として、サプリメント利用の実態や意識に関する調査を行いました。
 
○発表内容2:「湿布薬の診療報酬改定(70枚制限)による影響及び医療費削減への寄与についての比較検討」(P-2-196)です。 前回の診療報酬改定にて、1処方につき湿布薬70枚制限が実施されました。本研究では、当社の地域における平成27年度と平成28年度の湿布薬年間処方枚数、処方金額、処方薬剤を調査し、診療報酬改定による影響及び医療費削減への寄与について比較検討を実施いたしました。
 
二人とも本当によく頑張りました。 当社社長の三好博子も東京会場にかけつけ、社員の頑張りや成果を非常に讃えておりました。 指導担当となった先輩薬剤師の皆様も大変お疲れ様でした。 薬剤師の専門性を磨くとともに、大学との連携、地域医療への貢献など、薬剤師として医療社会に還元をもたらす取り組みになったと思います。

2017年度-辞令式

2017-10-02
辞令式を9月30日に執り行いました。 ひとつの節目として毎年、研修と試用期間を無事終えた主に新卒採用社員が参加します。辞令書、記章、名刺などを受け取り、あらためてサンコーファーマシーグループの正社員としてスタートです。 ちなみに今年度は事業拡大につき、5月から中途でパートさんを含めると10名が入社し、社員数は60名に増えました。今後ともよろしくお願いいたします。

2017年:合宿研修と親睦会

2017-07-14
2017年7月8日-9日
 
合宿研修と親睦会を行いました! 社歴の若い社員を中心に13名が、調剤過誤の実例を元に互いに議論したり、 今社内であるルールやマニュアルについて見直すグループワークを実施してもらいました。 昨年の管理職に関する研修では、会社へ考課制度の1つとしてフィードバックされました。 今回も管理者会議において議題として、よりよい業務改善へつなげられればと思います。
 
その後の親睦会では2018年卒予定の内定者も加わり、バーベキュー、夜には花火、女子会と親睦を深める場を楽しんでもらいました。 今年入社したメンバーも増えて、より楽しい時間を過ごせたのではないかと思います。
 

薬学部での当社の講義

2017-06-28
当社社員の一部は特任教員として徳島文理大学薬学部の授業を複数受け持っております。今回6月19日に、薬学部1年生向けに当社の薬剤師が「薬局薬剤師の業務と 地域医療での薬剤師の役割」をテーマに講義を行いました。
 
机上や理想の話ではなく、リアルな薬局の現場も交えながら話を行いました。外から見える薬局や薬局薬剤師は表面でしかありません。求められることは何なのか、どのようなマインドを持って役割を果たすべきなのか、本質となる部分や心もお伝えできたと思います。
 
講義が終わって、このような学外講師に質問に来ることは初めてだと、担当の教授で薬学部長からもお褒めの言葉をいただきましたが、学生にとって、え!?そんなことまで薬局や薬局薬剤師はしているの? と衝撃を受けた方も多かったようです。
 
短い時間でしたが、これから国家試験までの長い道のりの中で、国家試験合格がゴールではなく、その先の薬剤師の自分の姿を想いながら学生生活を送っていただきたいと思います。