本文へ移動

SDGs:サンコーファーマシーグループ

1.貧困をなくそう
 
こども食堂 をとおしてこどもの食事、栄養状態を確保する
3.すべてのひとに健康と福祉を
 
あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を促進する
 
4.質の高い教育を
 
こども食堂をとおして食育の推進する
ひとと世界をつなぐ学びの場の提供する

 
12.つくる責任 つかう責任
 
持続可能な生産消費形態を確保する
食品ロスの削減、食品リサイクルの促進する
 
 
「SDGs」とは2015年9月に国連で開かれたサミットの中で世界のリーダーによって決められた「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称であり、国際社会の17つの共通目標です。 

サンコーファーマシーグループでは当社の経営理念のもと特に 3.すべての人に健康と福祉を 12.つくる責任つかう責任 を「エシカル消費」と結びづけた取り組みを行っています。 

また 2020年より 食品ロス、食品リサイクルの促進のため 社員食堂 を定期的に行い、12. の取り組みに追加しました。2021年6月からは一般社団法人つなぐ Mima World Community の協賛をとおして、「こども食堂」、「つなぐ教室」の運営をサポート(クリック)し、1. 貧困をなくそう 4. 質の高い教育をみんなに の取り組み を行っております。

2021.8.27 
「環境省ローカルSDGs(地域循環共生圏)」企業等登録制度(クリック) に申請し弊社が登録されました。 地域の構想づくりや「ローカルSDGs(地域循環共生圏)」のビジネスの実現に向けた知見や技術の提供、実践地域との交流、企業同士の学びあいやネットワークづくり、環境省や他省庁との意見交換などの機会のために登録いたしました。


①食品ロス削減のレシピ作成

 当社の管理栄養士が発行しているレシピは好評を得ていますが、12.つくる責任つかう責任 の取り組みとして、食品ロス削減をテーマにしたレシピを掲載し、店内の待合いの前にレシピを置いてお声掛けをしています。環境に配慮したエシカル消費にもつながる行動としておすすめしています。 


②食品ロス削減・食育のための 社員食堂・こども食堂
 
 1. 貧困をなくそう  4. 質の高い教育をみんなに 12.つくる責任 つかう責任 の取り組みとして、社員食堂やこども食堂では取締役や社員が持参した余った野菜や食べ切れない食品も利用することで、食品ロスを減らし、エシカル消費の1つにもなっています。また一般社団法人つなぐ Mima World Community の協賛をとおして こども食堂、こども教室 の運営・場所・食材の提供を行っています、当社管理栄養士が食育の推進も行い、また食事相談や栄養相談と健康増進にも携わっています。 


③ジェネリック医薬品の推奨 

 3.すべての人に健康と福祉を の取り組みとして、先発医薬品より低価格なジェネリック医薬品(後発医薬品)を選択することは、医療費の削減、国の医療費の適正化、社会保障制度の維持 へとつながる社会に配慮したエシカル消費の行動です。患者様がジェネリック医薬品を安心して選択できるよう薬剤師が丁寧な説明でおすすめています。また店内にジェネリック医薬品に関する説明、先発医薬品との違いの掲示など、お薬をお渡しするまでに見ていただく啓発の取り組みも行っています。


SDGs「Sustainable Development Goals 持続可能な開発目標」

サンコーファーマシーグループの「こども食堂」「学びの場」提供

サンコーファーマシーグループ 代表取締役 三好博子 が 協賛・賛同 しております

・人と人をつなぐ居場所づくり
・人と世界をつなぐ学びの場づくり
・人と未来をつなぐコミュニティーづくり

このために フードバンクからの調理・食事の場 や 学びの場 をサポートいたします。 つなぐ食堂・つなぐ教室 の開催、当社もサポートすることが決まりました。 

・日程:2021年 6月より 毎月第2土曜日開催
・場所:サンコー和漢薬局 カフェスペース  徳島県美馬市脇町脇町714-1
・参加:無料

●つなぐ食堂:お子様に昼食(お弁当)を提供します 12時から13時 

●つなぐ教室:主に中学生の学びをボランティアスタッフが見守ります 10時から14時 

みなさまのご参加を心よりお待ちしております♪
つなぐ食堂・つなぐ教室・つなぐイベント

サンコーファーマシーグループの「エシカル消費」

徳島県の 「とくしまエシカル宣言」に賛同しております。当社のエシカル消費自主宣言が 県ホームページ にも掲載されております。

2020年度からはじめた社員食堂(クリック)も取締役や社員が持参した余った野菜や食べ切れない食品を利用することで、食品ロスを少なくするエシカル消費の1つとなっています。
 
 
サンコーファーマシーグループでは当社の経営理念のもと エシカル消費 をすすめる取り組みを行っています。
エシカル消費は人や社会、環境に配慮する行動です。
 
サンコーファーマシーのエシカル消費自主宣言
とくしまエシカル宣言に賛同しています。
 
-----------------------------
改定履歴:
 2021.08 環境省ローカルSDGs 追記
 2021.06 こども食堂 追記
 2020.07 社員食堂 追記
 2019.10 エシカル消費 

サンコーファーマシーグループ 運営支援部

TOPへ戻る